Webサイトをファックスするにはどうすればよいか

PCやスマホでいろいろなサイトを見ていると、親世代に共有したい記事が出てくるのもです。ぜひFAXで送りたいところですが、どうやって送ればいいでしょうか。PC、スマホそれぞれでいくつかの方法が考えられます。できるだけ簡単に送れる方法で、代表的なものを紹介します。参考にしてください。

google

Webサイトのスクリーンショットを撮り、メールに画像を添付して送る

一番簡単な方法はPCでもスマホでもスクリーンショットを撮って、メールに画像を添付してファックスするのがいいでしょう。ただし注意点としては、あまりに画像が大きすぎるとファックス専用機で出力するときに、紙が何枚にもなってしまうことがあるので注意が必要です。 画像をたくさん送りたいと思っているかたは、eFaxの無料トライアル期間に何枚か送信して試してみることをお勧めします。


WebサイトからPDFを作成してファックスする

PCの場合

一番簡単なのはWebブラウザの印刷機能を使う方法です。Webサイトを印刷するときと同じ方法で、印刷をクリックして、印刷先を「PDFに保存」とすればサイトをPDFで保存してくれます。これをメールに添付してFAXを送りましょう。

スマホの場合

アンドロイドなら、Chromeでメニューを開き、共有→印刷→PDFで保存とすれば簡単に保存ができます。一番簡単なのはWebブラウザの印刷機能を使う方法です。Webサイトを印刷するときと同じ方法で、印刷をクリックして、印刷先を「PDFに保存」とすればサイトをPDFで保存してくれます。これをメールに添付してFAXを送りましょう。
iPhoneの場合、ブラウザを開いているときに書き赤丸のボタンをタップし、下の各種メニューの中からPDFを作成を選択します。「完了」をタップした後、ファイルで保存を選択し、iCloud DriveかiPhone内のいずれかに保存します。この保存したファイルをメールに添付して送りましょう。


sp01


sp03


インターネットファックスの場合、PDFで送るのが一番理想的です。しかし、長いホームページをそのままPDF保存した場合、ファックスで送るとものすごいページ数になることがありますので、その点は注意しましょう。


eFax30日間無料トライアル eFax30日間無料トライアル eFaxお申し込み
eFaxは31日目からもお得!

eFaxのお得を伝える女性月々1,500 円(税別)
送受信各150 ページ無料!
インク代・トナー代など
メンテナンス費用も不要         

ファックスの受信と送信を E メールで行える「インターネット Fax」を提供する eFax(イーファックス)のホームページです。30 日間の 無料トライアルで外出先でも FAX の受信・送信ができる手軽さをぜひご体験ください。送信・受信ともに 150 枚まで追加料金なしでご利用可能です。PDFで届くため、インク代やトナー代もかからず、コスト・経費削減にもつながります。FAX 機(複合機など)をレンタルする より月額 11,650 円、年間では 139,800 円もお得に!ペーパーレスでエコ!地球にも優しい。ファックス専用機や家庭での利用が多い電話機付のファックス機を利用するよりもお得。ファックス機購入では価格が気になりますが、eFaxならスマホやPCを使うから価格を気にする必要がありません。パソコンからそのまま手軽に Excel や Word のデータを送信することもできます。またスマホから簡単に利用できるiphoneアプリ・アンドロイドアプリもご用意しております。コンビニまでファックスをしに行かなくても お手元のスマホですぐに FAX を送受信可能! お支払方法は銀行振込クレジットカード払いなど3つの方法から選べます。